ブログ基礎知識 ブログ運営

ブログの最低文字数の目安は?【SEO上位記事の平均文字数を調査】

ブログの文字数の最適解を知りたい方へ

考えている画像
こんにちは!タカ(@THE_TAKABLOG)です^_^

僕は2019年7月にブログを開設し、世界が変わりました!

 

なぜブログを始めたかと言うと、以下の通り↓

ブログを始めた理由
  • 自分の頭の中をデータとして記録しておく日記的な場所を作りたかった
  • ブログを始めて影響力を持ちたかった(インフルエンサーになりたかった)
  • 会社員(サラリーマン)を辞めて、誰にも縛られず自由に暮らしたかった
  • 何もしなくても月30万は稼げるようになり、南の島でゆっくり暮らしたかった

 

この記事を読んでいただいているあなたは、少なくともブログに少しでも興味を持っている方ではないでしょうか?

そして、そんなあなたは、以下のような悩みがあるんじゃないですか?

 

悩み
  • ブログでSEO上位表示できない・・・文字数が原因なのか
  • ブログで最適、最低な文字数は何文字なんだろう?
  • ブログでSEO上位表示されている記事って平均どれくらいの文字数なのか知りたい

 

筆者
僕も当時は同じような悩みを抱いていました!

 

↑この記事では上記のような悩みを解決します!

 

 

この記事を書いている現在の僕はブログ歴3年ほど。
アフィリエイト収入から生活費を自動化で稼いでいます。

 

上記の画像はSEO検索順位を1度にチェックできる『GRC』というツールの画面なのですが、ブログを更新し続け、半年間でSEO検索順位が爆上がりしました↓
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the-takablog.com/affiliate-try/]
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the-takablog.com/grc-about/]

 

僕が運営しているもう1つのブログサイト↓(Twitterで紹介しているサイトですね)
» サクキミ英語

 

筆者
ここから毎月20~30万円程の収益が入ってきます♪
ちょうど、英語学習ブログのアフィリエイトです!

 

僕は2019年の7月からブログ記事を書き始めているので、かなり後発です!

 

筆者
それでもしっかりと30万以上は稼げているので、
最新のブログ、アフィリエイト情報について詳しいはず!

 

学習者
確かに世に出ているブロガーさん達はかなり前もって始めていますもんね!

 

僕は現在、300記事を書き終え、ブログ継続期間は3年程。

本格的に動き始めたのは1年半程前ですが、300記事書く中でブログ記事の文字数について興味を持つようになりました!

なので、300記事書く中でいろいろと試してきましたが、僕の中で文字数については結論が出ました!

 

最初に『ブログ記事の文字数』について僕の出した結論言っておきますね↓

ブログでSEO上位表示したいなら、ある程度文字数ないとダメ!

文字数少なくて良いよなんて甘えっす!

 

少し厳しい言い方になってしまいましたが、今回はここまでいろいろと試行錯誤してきた僕が、300記事書き続けてわかった『ブログ記事に必要な最適、最低文字数』と、おまけとして『SEOで上位表示されている文字数を簡単に調査したのでその結果』を解説していきたいと思います^_^

 

この記事に関する注意点
この記事は『自分のブログのPV数を増やして稼ぎたい人』向けに書いています!
『俺は、自己満の日記のような記事を書きたいだけだ!』という方はそっとこのページを閉じてください(笑)

 

この記事の内容
  1. ブログの文字数の目安は?
  2. ブログの文字数よりも大切なこと
  3. 文章を読むスピードと集中できる時間から見る文字数目安
  4. ブログの文字数に関する疑問・質問
  5. おまけ:人気ブログの文字数平均を調査【ジャンル別に解説】

 

ちなみに、「まだブログ始めてないぜ!」という方は、
以下の記事で『ブログの始め方・開設方法』を初心者向けに解説しているので、ぜひ始めてみてください^_^↓
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the-takablog.com/blog-how-to-start/]

 

また、『THE TAKABLOG』では、
『IT分野に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、いきましょう!

 

ブログの文字数の目安は?

数字の画像
ではまず、『ブログ記事の文字数』について見ていきましょう!

最低1,000文字とか様々な意見がある

正直、いろんなブログ記事を見ていくと、いろんな意見がありますよね!

WEB上にある文字数の意見
  • 最低でも1,000文字
  • 最低でも8,000文字
  • 文字数は関係ない

 

どれが正しいのかわからないですよね(笑)

僕も記事を読んでいるだけだとわからなかったです(笑)

なので、僕自身で、300記事書く中で1つの絶対的な結論を出しました↓

 

結論:最適な文字数の目安はSEO上位10記事

SEOの画像
その結論とは、SEOで上位表示されている記事の文字数が正解ということ!

つまり、最適な文字数はSEO上位表示されている10記事の文字数です!

 

もし、『ブログ 始め方』というキーワードの上位10記事の平均文字数が10,000文字なら10,000文字が必要だし、『ブログ 文字数』というキーワードの上位10記事の平均文字数が1,000文字だけなら1,000文字くらいでもSEO上位表示できるということです!

 

結論
文字数の最適解、目安はSEOで上位表示されている10記事!

 

これが本質です!

迷った時はこの原則に立ち返りましょう!

 

Googleは文字数とSEOは関係ないと公言済み

 

ちなみに、GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)によると、文字数によって記事の検索順位が決まることはない、と言っています↑

要約すると以下の通り↓

「Word count is not indicative of quality(単語数は品質を示すものではない)」とあるように、使われている単語数や総文字数によって、記事の品質が決まるわけではありません。

 

つまり、文字数の多い・少ないによってブログ記事の品質が判断されているわけではない!

 

こんな感じで、Google様も公式に文字数が関係しているわけではないと言っています!

 

ただ、冒頭で言った通り、僕の意見は以下の通り↓

文字数に関する僕の意見
ブログでSEO上位表示したいなら、ある程度文字数ないとダメ!文字数少なくて良いよなんて甘えっす!

 

筆者
上記の内容がどのような意味なのか、次章より詳しくみていきましょう!

 

ブログの文字数よりも大切なこと

夕焼けにOKをしている画像
上記で説明した通り、文字数を1,000文字や2,000文字と推奨しているサイトはありますが、Google様も仰っている通り、基本的に文字数の目安は無いといえます。

でも、文字数が多いほど検索順位が上がるイメージはありますよね。

事実、検索順位が上位になればなるほど、それに比例して文字数も多くなっているという調査結果もでています。

 

となればブログ記事も、できるだけ文字数が多い方が良いと感じてしまいますよね。

しかし、Googleなどの検索エンジンのクローラーが重要視しているのは「内容が充実したクオリティの高い記事」であり、文字数を重要視している訳ではありません。

 

文字数は情報の網羅性が高いという結果

結果・実績の画像
つまり、上位表示される文字数が多い記事というのは、内容を充実させるために自然に文字数が増えた結果なのです。

ブログ記事でもキーワードやテーマに沿って記事を書いていきますが、テーマによって文字数は当然変わります。

 

つまり、書いていく記事ごとに、“内容を充実するために必要になった文字数” がその記事の最適な文字数ということです。

 

筆者
要は、書かないといかない内容を最低限書いていたら、結果的に文字数多くなったよね!という感じですね。

 

文字数よりも大切なのはユーザーファースト!

電球を指で指している画像
文字数は記事内容を充実させた結果ですが、何のために内容を充実させる必要があるのか理解していますか?

検索エンジンの上位表示はもちろん重要ですが、一番は記事を読んでくれるユーザーのためです。

 

インターネット検索するユーザーの大半は、何かしら調べたいことがあって検索しています。

そこで、検索結果の中で気になった記事タイトルをクリックしたとき、ユーザーが求めている情報がなければ、すぐに離脱してしまいます。

私もそうですが、誰でも調べたいことがあったとき、タイトルが気になってクリックしても、求めている情報がなければ別のサイトを探しますよね。

 

そうならないためには、ユーザーが求める情報をすべて網羅した記事を作っていく必要がありますよね。

テーマによりますが、特定のテーマに対して情報を網羅しようとすれば、必然的に文字数も増えてきます。

 

つまり、文字数にとらわれず、ユーザーファーストを意識して作成をしていれば自然に文字数は増え、結果的に検索順位をアップする可能性があるということです。

 

読みやすいこと!

OKの画像
上記で上位表示されているサイトの文字数は、多い傾向があると説明しました!

僕も300記事書く中で、それは確かだな!という印象があります!

2,000〜3,000文字どころか10,000文字を超える記事もザラにありました。

 

しかし、どの記事にも言えることは「文字数は多いが読み疲れない」ということです。

文章構成や見せ方、訴え方など様々な工夫で読みやすい記事にされているといことが大切なようです。

 

文章を読むスピードと集中できる時間から見る文字数目安

本を読んでいる画像
ここまで、内容を充実することで文字も必然的に増えると説明しましたが、実際どれくらいが目安なのか気になりますよね。

そこで、参考として日本人が1分間に読める文字数と集中して文章が読める時間から見えてくる文字数の目安を紹介します。

 

筆者
あくまで数値から計算した文字数なので、一つの基準としてご覧ください。

 

日本人が1分間に読める文字数

「読書速度測定」というものを知っていますか?

名前の通り、文章を読む速さを測定することです。

この読書速度測定(1分間に読める文字数)の日本人の平均は400文字~600文字/分といわれています。

ちなみに、

  • 大学に合格した受験生で約1,500文字/分
  • 司法試験の合格者は何と2,000文字/分

という調査報告もあります。

 

集中して文章を読める時間

次に、人が何かに集中できる時間が何分くらいか分かりますか?

一般的に人間が集中できる時間は「最短3分〜最長15分」といわれています。

ただし、文章を読むとなると人によってもちろん違いはありますが、集中して読める時間は3分~5分程度になるのではないでしょうか。

 

結論:記事作成の文字数の目安

そこで、1分間に読める文字数と、集中して文章を読める時間をそれぞれ考えて単純計算すると、
理想的な文字数は、『最小1,200文字~最大3,000文字』この範囲が目安になります。

ユーザーが集中して読んでくれる文字数の範囲なので、ブログ記事の作るとき頭の片隅にでも覚えておいていただければ幸いです。

 

筆者
1つの文字数の目安として参考にしてみてください~^_^

 

ブログの文字数に関する疑問・質問

質問・疑問の画像

では、ブログの文字数に関して、僕が思っていた疑問や質問事項をQAという形式でまとめておきたいと思います!

 

文字数が少ない場合でもSEO順位が高い記事があるのはなぜ?

文字数が少なくても上位表示されているのは以下のような時です↓

  • 知名度の高い有名企業や公式サイトなど
  • すぐに結論が知りたい情報分野
  • 長い説明が必要のない分野
  • そもそもライバルが少ない分野
  • 本当に重要な情報だけが簡潔に書かれているサイト

基本的に、上記の時は文字数が少なくても、上位表示されている場合があります!

いくつか詳しく紹介しましょう!

 

知名度の高い有名企業や公式サイトなど

最近、最も顕著なのは、「知名度の高い有名企業や公式サイト」が上位表示されている事例です。

近ごろ頻繁にアップデートされているGoogleの検索アルゴリズムも、「信頼性・権威性が高い情報やサイト」を上位表示させるような傾向が見られるので、そのへんの評価基準が反映されているのだろうと思います。

 

すぐに結論が知りたい情報分野

例えば、すぐに結論が知りたいというのは、たとえば天気予報などがわかりやすいですかね?

今日の天気を知りたいのに、ダラダラとした長い文章なんて必要ありません。

天気と気温を、パッと見てわかるビジュアルで、すぐに見せてあげることが大切です。

簡単にすばやく必要な情報だけを見たい!というのが検索者のニーズですからね。

 

そもそもライバルが少ない分野

検索結果に出てくるサイト数が少ないわけですから、もちろんそれほど情報量がなくても評価が受けやすいわけです。

 

文字数が多すぎる場合どうなりますか?何文字からが多いの?

2万字超えは危険の可能性があります!
文字数が多いかは、SEOで上位表示されている文字数によります!

 

ちなみに、ここで言う危険というのは、SEOで危険ということではありません!

伝えるべきことをすべて伝えて、その結果長くなるなら別にそれでいいのですが、極端に長くなるようなら(20000文字など)、記事のターゲットを絞り込めていない証拠かもしれません。

 

たとえば、春のファッションをテーマにした記事で、男性向けと女性向けのコーデをごちゃ混ぜにして、年代も10代〜50代まで幅広く取り扱ってしまうようなケースです。

こうなると、文字数が異様に増えてしまうのは容易に想像できると思います。

 

基本的に、ブログ記事は、

  • 1記事1キーワード・1ターゲット
  • 1記事、1メッセージ

が原則です。

 

上記の例にあてはめれば、「春 ファッション メンズ 20代」というキーワードを設定して、20代の男性向けに特化した記事を書くことが理想です。

 

文字数とSEOの関係は?

間接的に関係があります!

 

前述した通り、Googleの検索エンジンには、文字数を検索順位に影響させるアルゴリズムはありません。

これは何度もいうように、真実です。

でも、結果的には文字数が多いほうが検索順位が上がっています。

これはつまり…

文字数はSEOに“直接的”には影響しないものの“間接的”には影響するのだということになります。

言いかえると、文字数が増えることで上位掲載のための“ほかの条件”を満たすため、結果的に検索順位が上昇するのだということです。

 

この“ほかの条件”というのが何なのかは明確にはわかりませんが、おそらく、検索ユーザーが探している情報をふくむ可能性が高くなるから、情報の網羅性が高くなるから、ではないでしょうか。

つまり、検索者が求めていそうな情報をいっぱい書いておけば、どれかはニーズに応えられるだろうというわけですね。

 

単純でバカバカしい仮説ではありますが、たぶんこれは正しいです。

だって情報量が多ければ検索者のニーズを満たす確率も高くなるわけですから、ユーザーにとってもGoogleにとっても、メリットであることは間違いないですよね。

 

これが文字数が多いほうがSEOに有利であるという、本当の理由です。

ただし、あくまでユーザーの求めている情報じゃないとムダですよ。

ニーズのない情報をいくらたくさん盛り込んでも、SEO的に意味はないです。

 

おまけ:人気ブログの文字数平均を調査【ジャンル別に解説】

カテゴリー・ジャンルの画像
最後におまけです!

理想の文字数はSEOで上位表示されている10記事から逆算しようと説明しました!

なので、最後に、人気ブログの文字数を実際に見てみて、どれくらいの文字数が必要か参考にしてみてください^_^

 

筆者
特定の名前は挙げませんが、私が好きな有名ブログを5つ、人気記事から5記事ずつ検証してみました。

 

IT系記事の文字数

  • 記事1:1,231文字
  • 記事2:2,844文字
  • 記事3:9,011文字
  • 記事4:2,855文字
  • 記事5:18,621文字

IT系記事から、便利グッズや漫画まで幅広い題材を扱ったブログです。

文字数の傾向を見るとあまり特徴はないですね(笑)

 

コンサルタント系記事の文字数

  • 記事1:4,522文字
  • 記事2:3,223文字
  • 記事3:3,506文字
  • 記事4:6,166文字
  • 記事5:6,879文字

コンサルタント系記事を書いているブログです。

文字数の傾向を見ると3,000文字以上で、多めの印象ですね。

 

トレンド系ブログの文字数

  • 記事1:11,555文字
  • 記事2:13,834文字
  • 記事3:5,158文字
  • 記事4:4,577文字
  • 記事5:9,232文字

かなり幅広いジャンルを取り扱うトレンド系ブログです。

文字数はかなり多い傾向ですね。

しかも、画像をほとんど使わないブログなので、とにかく文章量が多いです

文章が特別上手いという印象ではないですが、見出しを細かく使っているので読みやすくなっています。

 

古くからの人気トレンドブログの文字数

  • 記事1:2,423文字
  • 記事2:2,123文字
  • 記事3:3,879文字
  • 記事4:3,865文字
  • 記事5:31,331文字

老舗の人気トレンドブログです。

他と比べると文字数が少なく、すぐに読み終わる印象です。

昔からあるブログでサイトランクが高いのも関係していると思います!

 

ハウツー系のブログの文字数

  • 記事1:7,369文字
  • 記事2:6,456文字
  • 記事3:12,365文字
  • 記事4:9,365文字
  • 記事5:4,780文字

ハウツー系記事を扱ったブログです。

とにかく丁寧で解りやすい記事のため、文字数もかなり多くなっています。

丁寧な文章構成で読み疲れることもありません。

 

文字数比較表

文字数
IT系記事 コンサルタント系記事 トレンド系
ブログ
古くからの
人気トレンド
ブログ
ハウツー系
ブログ
記事1 1,231 4,522 11,555 2,423 7,369
記事2 2,844 3,223 13,834 2,123 6,456
記事3 9,011 3,506 5,158 3,879 12,635
記事4 2,855 6,166 4,577 3,865 9,365
記事5 18,621 6,879 9,232 31,331 4,780
平均 6,912 4,859 8,871 8,724 8,121

 

文字数の分析結果からわかること

アイディアが思いついた画像
5つの人気ブログの人気記事5つずつを検証してみました。

文字数はそれぞれバラバラでしたが、傾向としては「意外に文字数は多い」という印象です。

2,000〜3,000文字どころか10,000文字を超える記事もザラにありました、

しかし、どの記事にも言えることははやり、「文字数は多いが読み疲れない」ということです。

やはり「文字数は多いほうがSEOでは有利」な傾向にあるようですね!

 

8,000文字以上が無難

また、文字数で出遅れを取りたくないならば、8,000文字以上書いておけば、文字数においてディスアドバンテージになることはないかなと思いました!

これは、僕自身が書いてきた記事も同じことが言えますね!

 

筆者
僕も実は、「今回の記事はキーワードを網羅できたな」と感じて文字数を見た時は、8,000文字を超えてることが多いですね^_^

 

ただ、くれぐれも、ユーザーが欲しい情報をまとめていたら、結果的に文字数が多くなったという順番だけは忘れないでください!

 

まとめ:ブログの文字数は8,000文字以上が目安です!

的を狙っている画像
いかがでしたか?

 

今回は、『ブログ記事に必要な最適、最低文字数』と、おまけとして『SEOで上位表示されている文字数を簡単に調査したのでその結果』を紹介しました!

 

僕の結論は、「文字数の目安、最適解はSEOで上位表示されている10記事」です!

ただ、もし、具体的な文字数を言ってくださいと聞かれるならば、「シーて言うなら8,000文字以上書いておけば文字数において遅れは取らない」って感じですかね!

 

ただ、忘れてはならなのが、ブログの本質は記事の内容です!

文字数がクリアしてても、内容がユーザーの求めているものでなかったり、読みにくい記事だと本末転倒です!

 

記事の内容の質を上げていきましょう↓
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the-takablog.com/blog-how-to-write-template/]
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the-takablog.com/blog-writing-structure/]
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the-takablog.com/blog-writing-ability/]

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^_^

-ブログ基礎知識, ブログ運営