上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

アフィリエイトの種類一覧と稼ぎ方【広告・媒体・ジャンルの種類も】

目次

アフィリエイトの種類を知りたい方へ

アフィリエイトを始めようとしている方!

こんな悩みはありませんか?

 

学習者
アフィリエイトにはどんな種類があるのかなぁ。初心者の僕でも、稼ぎやすいジャンルや媒体について教えてほしい。

 

筆者
こんな悩みを解決します!

 

この記事はこんな方におすすめ!
  • アフィリエイトにはどんな種類があるのか知りたい
  • アフィリエイトの種類の中でもどの種類が稼ぎやすいのか知りたい
  • アフィリエイトにはどんな媒体が使えわれているのかを知りたい

 


また、『THE TAKABLOG』では、
『IT分野に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、いきましょう!

 

アフィリエイト広告とは?

アフィリエイトは広告ビジネスです!

 

つまり、アフィリエイトビジネスとは、インターネットの広告を掲載して報酬を得ること
と言い換えることができます!

 

アフィリエイト広告とは、インターネット上の自分のページを用いて、企業の製品などを紹介し、その見返りとして報酬を得るというものになります。

 

簡単に言うと、自分のページで紹介した商品が購入された場合、その契約内容に応じて報酬が支払われる仕組みになります。

 

詳しくは以下の記事で紹介しているので、
アフィリエイトの仕組みについてまだ理解が浅い人は読んでみてくださいね^_^

関連記事

はじめに現在の私はアフィリエイト歴3年ほど。アフィリエイト収入から生活費を自動化で稼いでいます。 私が運営しているもう1つのブログサイトです↓» サクキミ英語 筆者[…]

アフィリエイトとは

 

アフィリエイト広告の種類

前章では、『アフィリエイトは広告ビジネス』だということは説明しました!

 

本章では、そんなアフィリエイト広告にはどんな種類があるのかを紹介します!

 

まずは、一覧でお見せしましょう↓

  • 広告種類1:インプレッション報酬型広告
  • 広告種類2:クリック報酬型広告
  • 広告種類3:成果報酬型広告
  • 広告種類4:固定掲載型広告

 

筆者
1つずつ解説します^_^

 

広告種類1:インプレッション報酬型広告

インプレッション報酬型広告は、簡単に言うと『表示されれば報酬が発生する広告のこと』です!

 

具体的な特徴は以下の通り↓

成果条件サイトにアクセスがあり、広告が表示されたら
1件あたりの報酬単価0.1円(高くて1円)
メリットメディアにアクセスさえあればいいので、簡単
デメリット報酬単価が安すぎる。
この広告だけで、独立するのは難しい
最適なメディア月間アクセス(PV)が100万PVレベルのメディア
※ブログ、WEBサイトなど
代表的なアフィリエイトGoogleアドセンス

 

インプレッション広告は表示されるだけでいいので、簡単なのですが、広告収益の報酬単価が低すぎます。

 

なので、どうしてもインプレッション広告しか表示するものがないジャンル(エロ系)意外ではあまり使われない広告です!

 

筆者
使われたとしても補助的に使用することが多いですね!

 

広告種類2:クリック報酬型広告

『クリック報酬型広告』はその名の通り、クリックされた時に報酬が発生する広告です!

 

具体的な特徴は以下通り↓

成果条件サイト訪問者が広告をクリックした時
1件あたりの報酬単価10~30年が相場(1クリック数百円の時もある)
メリット一定数のアクセスがさえあれば、安定的に収益が入る
デメリットアクセスがあるサイトでないと収益があがらない
ある程度の収益発生まで時間がかかる
最適なメディア月間アクセス(PV)が1万PVレベルのメディア
※ブログ、WEBサイト、YouTube動画など
代表的なアフィリエイトGoogleアドセンス

 

クリック課金型広告で有名なのはGoogle Adsenceですね。

 

Google Adsenceの場合、だいたい広告1クリック10~30円の報酬を受け取ることができます。

単価は広告によって異なるので、中には1クリックするだけで数百円の報酬を貰えるときもあります。

 

ただ、難点としてはサイト訪問者全員が広告をクリックするわけではないため、収益をあげるにはアクセス数が必要ということです。

 

筆者
クリック率はアクセス数の1~3%程度くらいですよ~
学習者
確かにスズメの涙だ

 

こちらも、どちらかと言えば、補助的に使用する広告という色が強いですね!

 

広告種類3:成果報酬型広告

『成果報酬型広告』はサイト訪問者が掲載広告から商品購入、サービス申込をした時に報酬が発生する広告です!

 

具体的な特徴は以下通り↓

成果条件サイト訪問者が掲載広告から商品購入、サービス申込をした時
1件あたりの報酬単価1,000~5,000円(高いものは3万円以上の場合もある)
メリット成約率と報酬単価が高いため、アクセスが少なくても月数万~数十万の収入を獲得できる!(月収100万以上も可能)
デメリットただ記事を書くだけでなく、成約率を高めるマーケティング知識や製薬させるためのセールスライティングテクニックが必要になる。
また、WEBサイトを使う場合は、狙ったターゲットにサイトを見てもらうためのSEO知識も必要。
ライバルが強い。
最適なメディア紹介している商品・サービスが成約に繋がるのであれば、どんなメディアでもOK
※ブログ、WEBサイト、YouTube動画、SNS、メルマガなど
代表的なアフィリエイトASPアフィリエイト(サイト、ブログ、SEOなど)

 

成果報酬型広告は1件成約で1,000~3,000円、高いと1件1万円以上の報酬が出るため、多少運営にお金がかかるメディアでも黒字にできるくらい効率よく収益化することができます。

 

筆者
アフィリエイトをやっている方で最も多いのが、この『成果報酬型広告』です!

 

成果報酬型報告は、いわゆるASP案件のことで、案件の紹介+アフィリエイトコードの掲載で収益化できるのでどんな媒体でも掲載できます。

 

ただ、商品・サービスを直接紹介するため、ほしい状態になっていないユーザーに広告を提示すると「売り込み感」が強くでてしまい、メディアからの離脱も増えてしまいます。

 

成果報酬型の広告を掲載する場合は、広告の内容とユーザーの気持ちを一致させるスキルが必要なため、実践は多少難易度が上がります。

 

広告種類4:固定掲載型広告

『固定掲載型広告』は、いわゆるクローズドで行われる指名制のアフィリエイト案件です!

世間では、インフルエンサーがよく行っている企業案件とも言われたりしますね!

 

具体的な特徴は以下の通り↓

成果条件広告主と直接契約を交わせた時
1件あたりの報酬単価月数万~月数百万
メリットアクセス、成約の売れ行きに関わらず安定した収益が確保できる
デメリットできる人が限られる
ある程度の実績が必要
最適なメディア紹介している商品・サービスが成約に繋がるのであれば、どんなメディアでもOK
※ブログ、WEBサイト、YouTube動画、SNS、メルマガなど
代表的なアフィリエイトASPアフィリエイト(サイト、ブログ、SEOなど)

 

固定掲載型広告は、広告主があなたのメディアに広告掲載を依頼し直接契約することです。

簡単に言うと、メディアの中の「広告枠を売る」ことです。

 

固定掲載型広告の契約が取れると、毎月数万円~数十万円の報酬が安定して入ってきますので、メディア運営者としては収益を安定させることができるメリットがあります。

 

ただし、広告依頼側も定額の広告費を支払うことになるので、どのメディアでもいいというわけではありません。

 

  • 運営しているメディアの実績や安定したアクセスがあること
  • 掲載する広告と訪問ユーザー属性が一致すること

などの条件が一致することが必要です。

 

また、固定掲載型広告は一般募集ではなく、広告主とのつながりなどがあって提携されることが多いので、誰でも掲載できる広告ではなく、営業活動などができる人が導入できる上級者向け広告です。

 

 

以上4種類がアフィリエイトで使われる広告の種類です。

 

この中で、一般のアフィリエイターがよく使っているのが、

  • クリック課金型広告(特にGoogle Adsence)
  • 成果報酬型広告(ASP取り扱いの案件)

です。

 

これからアフィリエイトを始めるということであれば、この2つの広告は特に使っていくことになります。

 

筆者
ただ、この広告のどれかを使ってアフィリエイトをしていくことになるので、この4種類はぜひ覚えておいてくださね^_^

 

アフィリエイトに使われるメディア媒体(5種類)

では次に、これらの『アフィリエイト広告を掲載するメディア媒体』について説明します。

 

アフィリエイトに使われるメディア媒体は全部で5種類。

 

筆者
それぞれの概要とメリット・デメリット、適したアフィリエイト広告について説明していきます。

 

まず、結論からお見せすると、以下の5種類です↓

  • メディア媒体1:WEBサイトを使ったアフィリエイト
  • メディア媒体2:動画を使ったアフィリエイト(YouTubeなど)
  • メディア媒体3:SNSを使ったアフィリエイト(Facebook、Twitter、Instagram等)
  • メディア媒体4:メールを使ったアフィリエイト
  • メディア媒体5:広告掲載を利用したアフィリエイト

 

メディア媒体1:WEBサイトを使ったアフィリエイト

まずは、『WEBサイトを使ったアフィリエイト』を紹介しましょう!

 

特徴は以下の通り↓

初期投資サイト運営費用(年間1万円~)
※1サイト運営の場合
集客・運営コスト0円(Web検索から集客)
狙える売上額目安1ヶ月あたり数万円~数百万円
利益率8~9割
(一人で取り組んだ場合)
収益化までの目安期間半年~1年
適したアフィリエイト広告インプレッション報酬型広告/クリック課金型広告/成果報酬型広告/固定掲載型広告
※すべてのアフィリエイト広告が掲載可能
メリット求められるWebスキルが最低限なので初心者でも始めやすい(Webサイトに文字を打つだけ)
サイトの運営コストが年1万円程度と初期投資が安い
デメリット収益化までに時間がかかる
記事作成に時間を割いて作業をしていかないと報酬にたどり着けない

 

Webサイトを使ったアフィリエイトは、無料でWeb検索システムからアクセス(検索ユーザー)をサイトに呼ぶことができるのが最大のメリットです。

 

アクセスを無料で呼べるうえ、サイトの運営費用だけで月数万~数百万レベルの収益を生み出すことが可能なため、利益率が9割以上というケースも珍しくありません。

 

筆者
一般的なビジネスの利益率は2割程度です!

 

サイトアフィリエイトは更に細かい手法に分かれており、よく耳にするアフィリエイト手法は以下の通りです↓

項目アフィリエイトの種類
サイト形式別ブログアフィリエイト
サイトアフィリエイト
ペラサイトアフィリエイト
取り扱うテーマ別トレンドブログ(トレンドアフィリエイト)
特化型ブログ
ジャンル・テーマ型サイトアフィリエイト
広告の種類別アドセンスアフィリエイト
ASPアフィリエイト
楽天アフィリエイト
Amazonアフィリエイト
紹介する商品ジャンル別ALLジャンル

 

メディア媒体2:動画を使ったアフィリエイト(YouTubeなど)

続いては、YouTubeなどの動画媒体に掲載するアフィリエイトです。

 

筆者
アフィリエイトに使われる主な動画投稿サービスはYoutubeです。

 

特徴や以下の通り↓

初期投資サイト運営費用
※動画の制作費用による
集客コスト0円(Youtubeサービス、Web検索から集客)
売上額目安1ヶ月あたり数万円~数百万円
利益率8~9割
(一人で取り組んだ場合)
収益化までの目安期間半年~1年
適したアフィリエイト広告クリック課金型広告/成果報酬型広告/固定掲載型広告(Youtuber)
メリット動画のチャンネルにファンが付くと何度もリピート再生してくれるため収益も伸びやすい
一度動画コンテンツを作ってしまえば資産になる
デメリット動画を作成するスキル・ツールが必要になる
動画を撮影する必要がある(身バレすることもある)

 

Youtubeへのアカウント開設や動画投稿は無料でできますが、動画の編集作業や撮影に時間と費用がかかります!

 

なので、Youtubeアフィリエイトで稼ぐにはスキル・時間・センスの他に、動画編集ツールの購入、作業分業のための外注化、なども必要になってきます。

 

ですが、作成したYoutube動画や配信チャンネルに固定ファンがつけば、自動で何十万回、何百万回と再生されるため収益も右肩上がりで伸びていきますので、大きな収益を狙うこともできる手法です。

 

Youtubeはアクセスを集めることが得意ですが(動画を見たいだけの視聴者に)具体的な行動を促すことは難しいため、広告よりも表示させたりクリックする程度で報酬が発生するタイプの広告のほうが適しています。

 

筆者
Googleアドセンスはよく使われますよ^_^

 

メディア媒体3:SNSを使ったアフィリエイト(Facebook、Twitter、Instagram等)

次は、インフルエンサーがよく行っているアフィリエイトで、SNSメディア媒体に掲載するアフィリエイトです!

 

SNSとは、「Social Networking Service=ソーシャル・ネットワーキング・サービス」のことで、有名なものはfacebook、Twitter、Instagramです。

 

そのSNSを使ってアフィリエイトをするのがSNSアフィリエイトです。

 

SNS自体どんどん進化し新しいサービスが出ていますので(TikTokなど)、年々アフィリエイトの集客手段として進化しています。

 

ここでは様々なサービスを「SNS」としてまとめて紹介します↓

初期投資サイト運営費用
※動画の制作費用による
集客コスト0円(Youtubeサービス、Web検索から集客)
売上額目安1ヶ月あたり数万円~数百万円
利益率8~9割
収益化までの目安期間1ヶ月~半年
適したアフィリエイト広告成果報酬型広告/固定掲載型広告(Instagramer)
メリットすでにフォロワーがいる人は、即日集客を生み出すことも可能
SNSの利用料金は無料のため運営コストも安い
デメリットフォロワーを増やしたり、反応が出やすいようにアカウントのブランディングをする必要がある。

 

SNSのアフィリエイトの場合、つぶやきがタイムラインで流れていってしまうため、一過性のアクセスを収益に繋げる必要があります。

 

そのためSNSを使ったアフィリエイト手法は、

  • 収益化サイト・ブログへ誘導して収益化する
  • 広告主と直接契約した商品を自分のフォロワーに商品を紹介し、定額の広告費をもらう

の2点で収益化しています。

 

筆者
つまり、広告の種類で言うと、3と4になりますね^_^

 

特に、自分のフォロワーに商品を紹介して直接契約を受け取る方法は、Instagramなどビジュアルに強いSNSが伸びています。

 

メディア媒体4:メールを使ったアフィリエイト

メルマガアフィリエイトは、メールを使ってアフィリエイトをする手法です。

 

特徴は以下の通り↓

初期投資メルマガ配信スタンド(月契約)
→月5000円程度
自分のブランディング用サイト
→年1万円程度
集客コスト0円(Web検索から集客)~数万以上(有料広告を使い集客)
売上額目安1ヶ月あたり数万円~数百万円
※読者数に比例して増える
利益率9割以上
収益化までの目安期間1ヶ月~1年
適したアフィリエイト広告成果報酬型広告/固定掲載型広告(号外広告)
メリットメールを書くだけで収益化することができる。
伝えたいことを順番にしっかり伝えられるため、高額な商品も購入してもらいやすい
デメリットメルマガの読者を集めないと収益化ができない。
メルマガ配信スタンド

 

メールを使うメルマガアフィリエイトでは、発言がタイムラインに流され途切れたり、文字数が少なすぎて伝えきれないことがあるSNSアフィリエイトに比べ、メールが読者宛に1通ずつ届きますのでしっかりと手紙を書くように伝えることができるメリットがあります。

 

そのため、他のメディア媒体ではなかなか購入されないような高額な商品も販売できるメリットがあります。

 

また、メールを使ったメディアのため、自分の考え方やキャラクターを読者に伝えやすく読者との信頼関係も構築しやすいため、紹介した商品を購入してもらいやすくなります!

 

成約率が高いメディアを運営できれば、広告主と直接契約して定額の広告費をもらいながら商品を紹介する「号外広告」を出すこともできます。

 

筆者
影響力を持っているならぜひ試してみつことをおすすめするアフィリエイトです!

 

メディア媒体5:広告掲載を利用したアフィリエイト

広告出稿を利用したアフィリエイトはPPCアフィリエイトと呼ばれます。

 

PPCとは、「Pay Per Click(ペイパークリック)」つまりクリックされると広告費を支払う(広告費が発生する)仕組みのことで、広告枠にWebページを出稿して、そこで収益を生み出すアフィリエイト手法を「PPCアフィリエイト」といいます。

 

具体的には、以下の画像の赤枠で囲ったに表示されているのが、PPCです↓
リスティング広告の画像

 

PPCアフィリエイトでは、冒頭で話したGoogle Adsence(クリック課金型広告)に自分のサイトを表示させるという広告を出す側になります。

 

お金を払ってその日からアクセスを集めることもできるため、即金性の高いアフィリエイト手法ともいえます。

 

特徴は以下の通り↓

初期投資サイト開設費用
※成約用のLP制作費用など
集客コスト月数万~数百万円(Youtubeサービス、Web検索から集客)
売上額目安1ヶ月あたり数万円~数百万円
利益率1~5割(場合による)
収益化までの目安期間即日~
適したアフィリエイト広告インプレッション報酬型広告/クリック課金型広告/成果報酬型広告/固定掲載型広告
※すべてのアフィリエイト広告が掲載可能
メリット即日収益化することも可能
デメリット広告費がかかるため、予算と収益化のバランスが大事になる

 

PPCアフィリエイトにはアフィリエイトの広告を出稿できる場所ならどこでもできます。

 

PPCアフィリエイトというとYahooやGoogleなどメジャーな広告出稿先だけに出すアフィリエイト手法が主ですが、Twitter、facebookなどのSNSへの広告出稿も「PPCアフィリエイト」の中に含まれます。

 

PPCアフィリエイトはユーザーのアクセスをお金で買う、というやり方ですので、基本的にアフィリエイト報酬が高い商品を広告に出して収益化する方法です。

 

PPCアフィリエイトの具体的な手法の内、有名なものには下記のようなものがあります。

  • YDNアフィリエイト(Yahooに広告を出す)※
  • GDNアフィリエイト(Googleに広告を出す)
  • facebookアフィリエイト(facebookに広告を出す)

※YDNは2019年にアフィリエイトサイトは出稿禁止となり、いまはもうできません。

 

アフィリエイトの種類一覧と稼ぎ方

前章までに、『アフィリエイト広告の種類』、『その広告を貼るメディア媒体』について紹介しました!

 

つまり、アフィリエイトは『広告の種類』『その広告をどのメディア媒体に貼るか』の組み合わせでどんなアフィリエイトなのかが決まってきます!

 

なので、本章では、上記2点を踏まえて、
実際にアフィリエイトにはどんな種類があるのかを説明します!

 

学習者
本記事のメインパートですね!

 

まずは、どんなアフィリエイトの種類があるのか、一覧でお見せしますね↓

  • 種類1:ブログアフィリエイト
  • 種類2:サイト(SEO)アフィリエイト
  • 種類3:物販アフィリエイト
  • 種類4:情報商材アフィリエイト
  • 種類5:トレンドアフィリエイト
  • 種類6:PPCアフィリエイト
  • 種類7:自己アフィリエイト
  • 種類8:Youtubeアフィリエイト
  • 種類9:Google Adsense
  • 種類10:メルマガアフィリエイト

 

もう1度、『アフィリエイト広告の種類』、『その広告を貼るメディア媒体』を紹介しておきますね↓

アフィリエイト広告の種類
  • 広告種類1:インプレッション報酬型広告
  • 広告種類2:クリック報酬型広告
  • 広告種類3:成果報酬型広告
  • 広告種類4:固定掲載型広告

 

広告を貼るメディア媒体
  • メディア媒体1:WEBサイトを使ったアフィリエイト
  • メディア媒体2:動画を使ったアフィリエイト(YouTubeなど)
  • メディア媒体3:SNSを使ったアフィリエイト(Facebook、Twitter、Instagram等)
  • メディア媒体4:メールを使ったアフィリエイト
  • メディア媒体5:広告掲載を利用したアフィリエイト

 

各アフィリエイトの種類と併せて、稼ぎ方も一緒に紹介します!

 

筆者
その時に、上記の『アフィリエイト広告の種類』、『その広告を貼るメディア媒体』で説明するので、よく覚えておいてくださいね^_^

 

種類1:ブログアフィリエイト

ウェブサイトやブログを使って稼ぐ最も基本的なアフィリエイトです。

 

無料ブログと有料ブログ(WordPress)を使う方法があります!

これは、有料ブログ(WordPress)一択です!

 

理由は、無料ブログが運営サイドの資産となり、自分の資産にならないから!

 

無料ブログか有料ブログ(WordPress)どちらを選ぶべきかについては、以下の記事で解説しています↓

 

ブログアフィリエイトの稼ぎ方

広告種類1~4 × メディア媒体1・5

 

ブログアフィリエイトの稼ぎ方としては、自分のブログやサイトに上記の全ての広告を貼って稼ぐことが可能です!

 

学習者
万能ですね^_^

 

種類2:サイト(SEO)アフィリエイト

サイトアフィリエイトは、自身の持つアフィリエイト専用のサイトを使って行う手法となります。

 

ペラサイトと呼ばれる1ページ完結型のサイトやWordPressを利用したサイトが主流です。

先ほども紹介したYouTubeアフィリエイトと連動して利用されています。

 

Webサイトに関する幅広い知識を要求されることから、参入のハードルが少し高めです。

しかし、サイト運営の自由度が高いことからも、王道として扱われています。

 

サイトアフィリエイトの稼ぎ方

広告種類1~4 × メディア媒体1・5

 

サイトアフィリエイトの稼ぎ方も自分の運営サイトに以下の全ての広告を貼って稼ぐことが可能です!

 

ブログアフィリエイトとほぼ同じです!

 

筆者
どちらかと言うと、ブログよりもサイトアフィリエイトの方がSEOの知識が必要ですね!

 

種類3:物販アフィリエイト

Amazonや楽天市場などを使って商品が売れるごとに報酬がもらえるアフィリエイトです。

 

基本的に販売した額の1%程度の報酬しかもらえないため、物販アフィリエイトで稼ぐのはかなり難易度が高いですね。

自分のブログのジャンルに合った商品があるのであれば掲載した方がいいですが、物販アフィリエイトメインで稼ぐのは初心者にはおすすめできません。

 

物販アフィリエイトの稼ぎ方

広告種類3・4 × メディア媒体1~5

 

物販アフィリエイトは、成約しなければ、稼ぐことはできません!

難易度高めです!

 

筆者
ただ、全ての媒体でアフィリエイト可能なので、そこはメリットですね!

 

 

種類4:情報商材アフィリエイト

インフォトップ(infotop)やインフォカート(infocart)を通して、情報商材を紹介して稼ぐアフィリエイトです。

 

1件あたりの単価が非常に高いので、一時期大ブームになりました。

ネットビジネス系の商材以外にもダイエット商材など多くの電子書籍があるので、自分のブログに合ったものがあれば導入するのもいいかもしれません。

 

ブログ・メルマガ・無料レポートを併用して稼ぐことで、比較的稼ぎやすいジャンルではあります。

注意点としては氏名と住所を公開しないと特定電子メール法に引っかかるので、個人情報を出さないといけないのがデメリット。

 

学習者
これはこの時代、けっこう苦手な人多そう・・・

 

情報商材アフィリエイトの稼ぎ方

広告種類3・4 × メディア媒体1~5

 

情報商材アフィリエイトも物販アフィリと同じく成約しなければ、稼ぐことはできません!

 

筆者
売れやすいジャンルを選ばなければ、WEBマーケティングやライティングなど、多くの知識が必要になるので、意外と上級者向けかもしれません!

 

種類5:トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトとは、話題のホットキーワードを狙ってアクセスを集めるアフィリエイトを指します。

 

話題のキーワードは「すぐに取り上げているブロガー」が少ないので、アクセスを独占して手に入れやすく、PV数を伸ばすのに適しています。

土台の被リンクがなくてもライバルが少ないのでアクセスを集めやすく、アドセンスでは稼ぎやすいですね。

 

ただ、長期的なアクセスは期待できないので個人的にはあまりオススメできない方法ですね。

コツコツと恒久的なキーワードを狙った方が効率はいいので、長い目で考えると微妙かもです。

 

トレンドアフィリエイトの稼ぎ方

広告種類1~4 × メディア媒体1~5

 

全ての広告、媒体でアフィリエイト可能です!

トレンドアフィリエイトは初心者の方で、アフィリエイトで稼ぐ経験を積みたい人にはおすすめです!

 

種類6:PPCアフィリエイト

Googleなどに広告料金を支払って、アクセスを集め、ウェブ広告から「ブログ内の広告」に誘導させて稼ぐアフィリエイト手法です↓
リスティング広告の画像

 

有料の広告を出して誘導させるので、利益を出すのが難しい方法ではあります。

SEOでアクセスアップをする分にはノーリスクですが、常に広告費用を上回る成果を出し続けなくてはいけません。

 

成果率の高いランディングページが必要になるので中級者以上じゃないと厳しいですね。

ただ、1日目から収益を出すことができる点は成果が分かりやすくていいですね。

 

PPCアフィリエイトの稼ぎ方

広告種類1~4 × メディア媒体1のみ

 

広告の種類自体は全ての広告種類から報酬発生を目指すことは可能ですが、種類1と2は単価が小さいので、どうしても成約難易度の高い、種類3か4を目指さなければなりません!

 

筆者
これは、けっこう上級者向けですね!

 

種類7:自己アフィリエイト

自己アフィリエイトとは自分で無料サービスに登録したり、資料請求を行うことで自分のみでアフィリエイト報酬を稼ぐアフィリエイトです。

 

アフィリエイトで稼ぐというよりも、単発的にお金を稼ぐ方法なのでお小遣い稼ぎに近い方法ですね。

ひとつの案件につき一度しかできないので、10万円程度稼いでしまったらやることはなくなりますね。

 

A8.netA8.netでは本人申し込みOKの広告が多いのでおすすめです^_^

 

自己アフィリエイトの稼ぎ方

広告種類1~4 × メディア媒体は使わない

 

自己アフィリエイトはASPに登録をして案件の指示に従って手続きをするだけです!

アフィリエイト初心者の方は、アフィリエイトで稼ぐという経験ができるので、これからアフィリエイトはやってみた方がいいですよ^_^

 

筆者
3分で3万円稼げる案件などもあります^_^

 

代表的なASPを以下に紹介しておくので、登録してみて
いろいろと物色してみてください^_^

 

筆者
クレジットカード作成とか単価高いですし、ただ申込めばいいだけなので、おすすめですよ^_^

 

種類8:Youtubeアフィリエイト

Youtubeの再生前にCMを入れたり、バナーを表示することで再生回数に応じて広告収入を稼ぐアフィリエイトです。

 

動画をアップし続けていると、Youtubeから「動画収益プログラムのご案内」というメールが来ることがあります。

このメールからアフィリエイト登録ができるようになるので、誰もが最初から始められる訳ではありません。

 

どれくらい稼げるのかというと、再生回数の10分の1〜20分の1ほどの収入となるのが平均的。

1ヶ月で100万再生されても月10万円しか稼げないんですね。

 

そのため、よく再生される人気の動画はもちろん必要ですし、ブログのロングテールコンテンツのように、数百本の動画を用意しないと安定した収益は稼げないですね。

動画媒体に合ったコンテンツを用意できるならいいのですが、基本的にはブログアフィリエイトの方が稼ぎやすいです。

 

Youtubeアフィリエイトの稼ぎ方

広告種類1・2 × メディア媒体2

 

Youtubeアフィリエイトはここで紹介したアフィリエイトの中でも難易度マックスです!

 

筆者
アフィリエイト初心者の方にはおすすめできません。

 

種類9:Google Adsense

『Google Adsense』は広告を貼って、クリックされたら報酬発生とシンプルなアフィリエイトです!

王道ではありますが、『成果報酬型+アドセンス』で稼ぐのが最も効率のいい稼ぎ方だと思いますね。

 

Google Adsenseの稼ぎ方

広告種類1・2 × メディア媒体1~5

 

『Google Adsense』は、ブログやSNSに広告を貼るだけです!

 

筆者
自分のメディアを持ったら必ずやりましょう!

 

種類10:メルマガアフィリエイト

メールマガジンを発行して稼ぐアフィリエイトです。

 

 

最近ではあまり主流ではないですが、他のアフィリエイトと併用することで濃い見込み客をキープすることができます。

無料メルマガで広告を載せるか、有料メルマガで収益を取るかになりますが、今ではメルマガを購読する文化がなくなっているのでかなり難しい方法になりましたね。

 

今ではメルマガ単体でアフィリエイトを行うのではなく、情報商材アフィリエイトなどと組み合わせて行うことが多いです。

単体で行うにはほぼ稼げないのでおすすめできない手法です。

 

メルマガアフィリエイトの稼ぎ方

広告種類1~4 × メディア媒体4

 

『メルマガアフィリエイト』は、オンラインサロンなどの有料コミュニティを持っている人のようなインフルエンサーでないと実践は難しいでしょう!

 

学習者
他のアフィリエイトで実力をつけてからですね^_^

 

1番最初に実践すべきアフィリエイト一覧【稼ぎやすい】

さて、アフィリエイト手法それぞれについて一通り説明しましたところで、初めてアフィリエイトを実践するならどの手法が良いのかズバリ知りたいですよね?

 

結論から言ってしまうと、最初に「Webサイト」つまり、サイトやブログを使ったアフィリエイト手法を実践できるようになっておくのがおすすめです。

 

結論
最初に「Webサイト」つまり、サイトやブログを使ったアフィリエイト手法を実践できるようになっておくのがおすすめ

 

広告を収益化の難易度は簡単な順に以下のようになっています↓

  1. インプレッション型
  2. クリック課金型
  3. 成果報酬型
  4. 固定掲載型

となっていますが、この4種類のどのタイプの広告でも収益化可能なメディア媒体が「Webサイト」です。

 

ですから、サイトやブログといったWebサイトを使ってアフィリエイトを実践しておけば、簡単なレベルから少しずつスキルアップしていくこともできますし、初期投資も少なくて済むので失敗しにくいと言えます。

 

そしてもし自分に合っているなと感じたら、自分のレベルに合わせて難易度の高い方法を目指してもっと大きな収益を目指す、ということもできるので手法としても自由度が高いのです。

 

ですから、ここで一度まとめておくと、これからアフィリエイトをはじめ用途思っているけど、どのアフィリエイト手法が良いかわからない、ということであれば、Webサイトを使ったアフィリエイトを実践してみるのが良いのでは、ということです。

 

ブログ、サイトアフィリエイトを始めようと思っている方は、
以下の記事で『アフィリエイトの始め方』を解説しているので参考にしてください^_^

 

アフィリエイトで稼ぎやすいジャンルは?

『アフィリエイトの始め方はわかったぜ!』という方、どのジャンルでいくか決まりましたか?

 

もし、どのジャンルでいくか決めきれていない方は、とりあえず稼ぎやすいジャンルでいくのがいいと思います!

 

稼ぎやすいジャンルを紹介するので、どのジャンルか迷っている方は、
以下の3種類のジャンルのどれかで始めてみてはいかがでしょうか?

  • ジャンル1:一般転職
  • ジャンル2:金融系
  • ジャンル3:健康・美容

 

ジャンル1:一般転職

昨今ブラック企業や働き方改革など、新しい生き方を目指して転職をする人が増加中です。

それに関連して、転職に関する悩みは増え転職エージェントなどの情報は求められています。

悩みを解決しながらアフィリエイトと結び付ければ、収入を得ることが可能です。

昨今の転職ブームに乗っかれば、トレンドアフィリエイトも可能です!

 

筆者
転職系は単価が高いので、稼ぎやすいですね^_^

 

ジャンル2:金融系

続いて収益性が高いとして知られているのが金融系です。

金融系の中でもジャンルは細分化されるため、それぞれで単価は変動します。

単価の高いジャンルであることから、アクセスがあるサイトであれば高い収益を期待できます。

 

ジャンル3:健康・美容

生活をしている中で、悩みが生まれやすいのが健康や美容。

生活と密接していることから、悩みの重要性も極めて高くなります。

的確に悩みを解決するアフィリエイト商品を紹介するなどを行えば、購買に結びつけることが可能でしょう。

 

アフィリエイトの種類まとめ

以上がアフィリエイトの種類についてになります。

 

アフィリエイトの種類についてはいろんな言い回しがあるため、混乱しやすいですが、基本はアフィリエイト広告とメディア媒体の組み合わせをどうするかだけの話ですので自分に合う方法を選んでみてください。

 

もし、初期投資を抑えてアフィリエイトを始めたいけど全くの未経験(初心者)ということであれば、記事をかくだけで報酬を伸ばせる「トレンドブログ」からスタートすることをおすすめします。

 

実際に私もトレンドブログで報酬を伸ばして、ステップアップしていきましたが、特別難しいスキルも不要で、とにかくシンプルに行動さえすれば報酬が伸びる手法です。

 

初報酬獲得へ向けてがんばりましょう♪

アフィリエイトの種類一覧と稼ぎ方
最新情報をチェックしよう!
>このブログは最強のWordPressテーマ『THE THOR』を利用しています!

このブログは最強のWordPressテーマ『THE THOR』を利用しています!

ブロガーやアフィリエイターのために開発されたSEO最強のWordPressテーマです!当ブログと似たようなデザインにしたい方、興味がある方は以下のボタンからダウンロード可能です^_^↓

CTR IMG