上の「検索窓」または「3本線のカテゴリー」から好きな記事を検索可能です!(^^)! トップページ下に「様々なランキング」も用意しています♪

アフィリエイトに効果絶大なセールスライティング【売上急増のコツ】

目次

はじめに

アフィリエイトに関わりのある方!

こんな悩みはありませんか?

 

悩み
  • アフィリエイトを始め方けど商品が思うように売れない
  • アフィリエイトの為にセールスライティングを学びたい
  • セールスライティングの具体的な勉強法を知りたい
  • 文章を書くが下手だから誰もが上手いと思う文章というのを知りたい

 

筆者
こんな悩みを解決します!

 

この記事の内容
  • セールスライティングとコピーライティングの違い
  • アフィリエイト報酬とセールスライティングが影響する理由
  • 売上急増の稼げるセールスライティング5つのコツ・テクニック
  • 稼がない人のセールスライティング
  • セールスライティングで競合サイトと差別化する方法
  • アフィリエイトに効果的なセールスライティングの勉強法
  • セールスライティングを極めるために継続的にアウトプットしていく方法

 

この記事を書いている現在の私はアフィリエイト歴3年ほど。
アフィリエイト収入から生活費を自動化で稼いでいます。

 

私が運営しているもう1つのブログサイトです↓
» サクキミ英語

 

筆者
ここから毎月20~30万円程の収益が入ってきます♪

 

私は2019年の7月からアフィリエイト記事を書き始めているので、かなり後発です!

 

筆者
それでもしっかりと30万以上は稼げているので、
最新のアフィリエイト情報やSEOについて詳しいはず!

 

学習者
確かに世に出ているアフィリエイターさん達はかなり前もって始めていますもんね!

 

ということで、今回は、『アフィリエイトで商品が売れまくり、売上が急増するセールスライティング』『セールスライティングの勉強法』についてお話をしていきます。

 

筆者
この記事を読めば、アフィリエイトの収益が伸び悩んでいる人も一気に収益を伸ばすことができると思いますよ^_^

 


また、『THE TAKABLOG』では、
『IT分野に関する最新記事をTwitterでも配信』しているので、
よかったら、フォローお願いします↓(^^)

 

筆者
では、いきましょう!

 

セールスライティングとは

では、まずはこの議論から始めましょう!

 

そもそも『セールスライティング』とは何かわかりますか?

 

  • WEBライティング
  • セールスライティング
  • コピーライティング

 

上記のような言葉はよく聞きます。

ここでは、代表的なセールスライティングとコピーライティングの違いについてお話しします。

 

セールスライティングとコピーライティングの違い

ざっくり解説すると以下の違いがあります↓

  • セールスライティング → 営業トーク
  • コピーライティング → ブランディング・イメージを伝えるための文章

 

基本的には、コピーライティングとセールスライティングはとても似ています。

 

もともとは「コピーライティング」と言うものしかなかったのですが、差別化するために造語として「セールスライティング」と言う言葉ができたそうです。

 

学習者
大元は一緒と言う事ですね。

 

セールスライティングの特徴

ですが現在の認識としては、セールスライティングは物売るための営業トーク的存在。

つまり最後にはクロージングをし、「購入」という行動を促すためのライティングということです。

 

サイトアフィリエイトかブログアフィリエイト、どちら寄りか?と言われれば、収益に直結するサイトアフィリエイトよりのライティング方法になります。

 

営業トークの流れ

ちなみに、営業トークの流れは以下のような流れですよね↓

  1. 挨拶
  2. 問題提起:問題点を炙り出す・不安を煽る・YESを引き出す
  3. 本題:問題提起であげた内容を解消できる話を提示
  4. 強化:同じ立場の第三者の体験談・問題解決の具体例やシュミレーション
  5. クロージング:契約書記入

 

この流れを文章にしたものが『セールスライティング』ですね^_^

 

筆者
私はもともと不動産の営業マンだったので、『セールスライティング』は本当に営業トークの文章版だなという感じです(笑)

 

コピーライティングの特徴

一方、コピーライティングは「イメージ付けのための文章」
つまり、ブランディングのためのライティングとも言い換えることができます。

 

「キャッチコピー」といえばイメージがつきやすいでしょう↓

 

有名なキャッチフレーズ
  • そうだ、京都、行こう。【 JR東海】
  • おねだん以上。ニトリ【ニトリ】

 

このキャッチコピーを聞くだけで、会社名が頭に浮かぶはずです。

ですがこのキャッチコピーを聞いただけで、そこの商品を買おうとは思わないですよね?

 

ですが企業を象徴しつつ、ブランドイメージを向上させるためには効果抜群です。

直接の購入にはつながらないけれどブランディングには効果的な文章。

それがコピーライティングです。

 

サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトでいえば、作者のブランディングを主とするブログアフィリエイトにコピーライティングは向いています。

 

ちなみに、『サイトアフィリエイト』と『ブログアフィリエイト』の違いはそこまでないですが、微妙な違いについては、以下の記事を参考にしてみてください↓

関連記事

【はじめに】アフィリエイトとは?最近、ネットで稼ぐ代表的な方法として知られてきたアフィリエイトやブログ! 昔は、アフィリエイトって怪しい、ブロガーは詐欺だ!と言われていた時代もありましたが、副業ブームが広がるに[…]

アフィリエイトブログの作り方

 

WEBライティングとは

言うまでもなくWEBに特化したライティング方法のことです。

 

WEB上の文章では、多忙なインターネットユーザーを想定し起承転結を持たない文章が推奨されています。

 

他にも、WEBライティングならではの見出しの書き方や、上位表示するためのSEO的観点を含めたライティングをしていかなくてはいけません。

 

WEBライティングのオススメ本はこちらの記事で紹介しています↓

関連記事

はじめに【アフィリエイトの勉強をする前に】皆さんは、アフィリエイトの進捗はいかがでしょうか? こんな悩みありませんか? アフィリエイトを始めたいなぁ。初心者にオススメの本はなんだろう? アフィリ[…]

アフィリエイト初心者の勉強におすすめの本・教材

 

アフィリエイト報酬とセールスライティングが影響する理由

では、具体的な『セールスライティング』の話に入っていきましょう!

 

ただ、まず、セールスライティングの真の価値を理解するためには、ASP型アフィリエイトとアドセンス型アフィリエイトの違いを知る必要があります。

 

ASP型アフィリエイトとアドセンス型アフィリエイトの違い

違いは以下の通り↓

種類収益発生の条件収益額難易度
ASPアフィ商品購入大きい高い
アドセンス型アフィ広告クリック小さい低い

 

完全初心者はアドセンス型のアフィリエイトから取り組むのがオススメですが、アフィリエイト報酬を二次曲線的に伸ばすにはASPアフィリエイトが必須です。

 

アフィリエイト報酬を二次曲線的に伸ばす為に必須のスキルがセールスライティング

アドセンス型アフィリエイトとASPアフィリエイト型の収益と時間の関係

アドセンス型のアフィリエイトはブログのPVとアフィリエイト報酬が比例する関係にあります。

 

その一方で、ASPアフィリエイトはセールスライティング次第で、爆発的に報酬をアップさせることができるんですね。

 

また、アフィリエイト初心者が必ず登録しておくべきASPを以下の記事で紹介しているので、見てみてください↓

関連記事

はじめにアフィリエイトを始めようと考えている方へ! こんな悩みはありませんか? 学習者「アフィリエイトASPを比較したい。どのASPがおすすめなのかな?各社を比較しつつ、最[…]

アフィリエイトASP登録必須のおすすめ15社

 

アドセンス型アフィリエイトの収益目安

月間10,000PV2,000円〜5,000円
月間50,000PV10,000円〜25,000円
月間100,000PV20,000円〜50,000円
月間200,000PV40,000円〜100,000円
月間300,000PV60,000円〜150,000円
月間500,000PV100,000円〜250,000円
月間1,000,000PV200,000円〜500,000円

アドセンス型の報酬の目安は上記のとおりです。

 

でも、セールスライティングのスキルが上達すればASPアフィリエイトで、PV単位の収益がどんどんアップしていきます。

 

筆者
ちなみに、私が運営するブログは基本的にASPアフィリエイト狙いですね。

 

また、アフィリエイトブログの詳しい記事の書き方は以下の記事で紹介しています!!

関連記事

ブログアフィリエイト記事の書き方を紹介しますアフィリエイトを始めた方!アフィリエイトを始めたけど思うように収益が伸びない方!こんな悩みはありませんか? 悩み ブログアフィリエイトを収益化さ[…]

ブログアフィリエイト記事の書き方

 

売上急増の稼げるセールスライティング5つのコツ・テクニック【悪用厳禁】

では、ASP型アフィリエイトで収益を急増させるために、セールスライティングの5つのコツ・テクニックを紹介します!

 

学習者
本題ですね!

 

結論から言うと、以下の通り↓

  • コツ・テクニック1:GDTの法則ライティング
  • コツ・テクニック2:PREP法ライティング
  • コツ・テクニック3:AIDMAの法則ライティング
  • コツ・テクニック4:PASONAの法則ライティング
  • コツ・テクニック5:導線を意識する

 

コツ・テクニック1:GDTの法則ライティング

GDTの法則とは、人間が本来持っている9つの欲求を示したものになります。

3つの頭文字から取られたもので、それぞれに意味は下記の通りです。

 

GDTの法則
  • G(Goal): Time(時間を使いたくない)、Effort(努力したくない)、Money(お金を使いたくない)
  • D(Desire):Greed(名誉が欲しい)、Lust(愛されたい)、Comfort(快適になりたい)
  • T(Teaser):Scarcity(希少性)、Curiosity(好奇心)、Controlersy(反社会性)

 

G→D→Tの順番で欲求が強くなっていきます。

この9つの欲求は、人間が本能的に持っているものなので、これらを刺激されると人は感情を揺さぶられます。

 

人間は、感情で決定をし、その後理性で行動を正当化しようとする生き物です。

人間の欲望を刺激してあげることは、購入する理由を正当化させることになるのです。

 

これは、商品を売ること全般で言えます!

 

筆者
何を書くにも前提として覚えておくといいですよ^_^

 

コツ・テクニック2:PREP法ライティング

『PREP法ライティング』は有名ですよね!

 

PREP(プレップ)法は文章構成方法の一つで、
以下の頭文字を取ったシンプルで相手を納得させる文章の書き方です。

 

PREP法
  1. P=Point(結論)
  2. R=Reason(理由)
  3. E=Example(事例・具体例)
  4. P=Point(結論を繰り返す)

 

結論を先に知られたら読まれないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

逆に結論を後ろに持っていくことで周りくどい文章になってしまうので、WEBメディアの文章構成としては効果的ではありません。

 

ユーザーが知りたい結論を最初に伝え、その理由を知りたいと思わせて読ませるような流れが理想です。

 

コツ・テクニック3:AIDMAの法則ライティング

3つ目は、『AIDMAの法則ライティング』です!

 

AIDMAの法則
  1. A=Attention(注意=リード文)
  2. I=Interest(興味=問題提起)
  3. D=Desire(欲求=問題解決)
  4. M=Memory(記憶=ベネフィット)
  5. A=Action(行動=アクション)

 

AIDMAの法則はサイトアフィリエイトの様々な場所で活用できますが、セールスライティングにも使うことができます。

 

①から読み進めて④まで見た時には、既に購買意欲は高まった状態にあります。

アフィリエイトであれば最後の⑤で、そっとアフィリエイトリンクを置いておくだけでも成約しますね。

 

コツ・テクニック4:PASONAの法則ライティング

4つ目は、『PASONAの法則ライティング』です!

 

PASONAの法則
  1. P=Pttention(問題=問題提起)
  2. A=Anterest(煽り=問題を煽る)
  3. So=Soesire(解決=解決方法を提示)
  4. N=Nction(限定=限定性を持たせる)
  5. A=Action(行動=アクション)

 

PASONAの法則もセールスライティングではよく使います。

どちらかというとネガティブキーワードの答えを返すときは、このようなテンプレートになるかなと思います。

ネガティブな問題点を起点として、悪い要因から良い対策へ反転させることで一気に安心感を与えるライティング方法です。

 

コツ・テクニック5:導線を意識する

最後になりますが、読者が記事を読み始めてから商品購入までの導線を意識しましょう!

 

これができないと商品が売れないです!

 

たまに、アフィリエイト広告や商品を導線を意識していない場所に貼り付けている人を見ますが、絶対に売れません!

 

むしろ、以下のような負のスパイラルに陥ります↓

  1. 記事の離脱率が高くなる
  2. Googleから評価が下がる
  3. SEO順が下がる
  4. 商品が売れない

 

記事からの離脱率が上がると、SEO順位が下がり、露出度が低くなり、結果商品が売れません!

 

筆者
絶対にやめましょう!

 

未来をイメージさせて、問題解決した時にアフィリエイト広告を貼る

セールスライティングの一番のポイントはベネフィット(受けられる恩恵)を提示し、来をイメージさせることです。

 

ユーザーは自分の悩みを解決できる商品やサービスを求めているので、その悩みを解決した未来を想像させてあげられるように書くと良いでしょう。

 

ポイント
  • × 「オンライン英会話を受講すれば英語が話せます」
  • 〇 「オンライン英会話を受ければ1人で世界中どこでも旅行ができるようになります」

 

ポイントはその商品の特徴を伝えるのではなく、それを使ったことでどのように生活が良く変容、改善されるかを伝えることで、ユーザーの行動に影響を与える事ができます。

 

そして、ユーザーの問題を解決した時にアフィリエイト広告のリンクを貼りましょう!

 

筆者
そうすれば、商品が売れやすくなります!

 

以上、『アフィリエイトで売上を急増させるセールスライティングのコツ・テクニック』を5つ紹介しました!

 

稼がない人のセールスライティング

一方、稼げない人はどんなセールスライティングをしているのでしょうか?

 

逆に稼げない人には、共通のライティングパターンがあります。
それを知っておくことも重要でしょう。

 

稼げない人のセールスライティングの特徴を紹介しておきます!

 

結論から言うと、以下の通り↓

  • 稼げない書き方1:商品の特徴の羅列
  • 稼げない書き方2:結論の記述箇所が段落によってバラバラ
  • 稼げない書き方3:文章が読みにくい

 

稼げない書き方1:商品の特徴の羅列

一番多いパターンなのが、商品の特徴を羅列しているだけの記事です。

商品の性能や価格の情報だけでは、ユーザーは自分の悩みが解決できるかどうかイメージがしづらいのです。

商品を購入する動機を与えてあげられるのが稼げる記事です。

 

稼げない書き方2:結論の記述箇所が段落によってバラバラ

前章で結論は最初に書くとお伝えしました。

 

段落によって、結論が書いてある箇所が異なっていると、結局全部を読まなければ理解ができない記事となり、離脱を招くこととなってしまいます。

 

稼げない書き方3:文章が読みにくい

これも初心者に多いパターンで、文章は長ければ長いほど読みにくく、内容が伝わりづらくなります。

 

一文に情報を盛り込んでしまいがちですが、なるべく一文を短い文章にし、読みやすくなるように書きましょう。

 

また、専門的な言葉や難しい言葉なども読みにくさの要因となります。

難しい単語などは使わず、なるべく平易な表現で読みやすくなるように心がけましょう。

 

筆者
以上です!
上記のような書き方はしないように気を付けましょう!

 

セールスライティングで競合サイトと差別化する方法

ここまで、セールスライティングのコツやテクニックについて解説してきましたが、ASPアフィリエイトに必須なセールスライティングのスキルは、収益化の目的だけではありません。

 

実は、セールスライティングは競合ブログとの差別化にも非常に有効な手段になります。

 

アフィリエイトの王道は”ランキングとまとめ”記事だが競合が多い

アフィリエイトの王道と言えば、”おすすめな英語教材まとめ”や”おすすめな香水10選”といったブログ記事です。

 

たしかに、ランキング記事やまとめ記事はアフィリエイト初心者でも簡単に作ることができますし、収益性も高いのですが、かなり競合が多いです。

 

ちなみに、アフィリエイトで王道のまとめ記事を量産するブログを作る難易度は低めなんですね。

なぜならば、他の競合ブログより多くまとめれば良いからです(笑)

 

筆者
つまり、強豪よりも数多くまとめることができれば勝てるっていう戦法ですね。

 

私が運営しているもう1つのサイトであるサクキミ英語もランキング記事を量産しています!

 

例えば、以下の記事↓

サクキミ英語【英語学習ブログ】

671個の評判・口コミを基に2021年最新のオンライン英会話のおすすめ人気ランキングを作成!人気オンライン英会話の強みと…

サクキミ英語【英語学習ブログ】

オンライン英会話を1ヶ月間無料で受ける「無料体験をはしご」という裏技を紹介!この記事では、オンライン英会話の無料体験をは…

 

ランキングやまとめはコンテンツ飽和しつつある

ランキングやまとめは儲かりやすいので、数多くの人が記事作成します。

 

上記で紹介した記事も見ていただいたら、わかるのですが、どちらも3万字近く書いています!

 

筆者
かなり骨が折れました(笑)

 

ただ、自分で書いててなんですが、ユーザー目線の記事ではないですよね(笑)

 

ビッグキーワードで戦うなら、切り口を変えるべき

紹介記事のように『オンライン英会話』をひたすらまとめる記事だと、競合との差別化が難しい。

それよりは、”あなたにあったおすすめオンライン英会話の探し方”とか、”おすすめオンライン英会話も無料で無限に受ける方法”みたいな記事を書いたほうがいいと思います。

 

ちなみに、私の2本目の記事は、無料でオンライン英会話を受け続ける方法という形で切り口を変えています!

 

『オンライン英会話 無料体験 はしご』で現在、5位ですね^_^

ここから月5万円程生まれています^_^

 

しかし、仮に”おすすめオンライン英会話を無料で無限に受ける方法”といった記事を書くにしても、最終的な到達地点は”商品購入”です。

 

ネタバレですが、私も上の記事では、目的は『オンライン英会話を受講してもらうこと』です!

 

このように、セールスライティングを使うことで、競合と別の切り口から読者誘導し、最終的には商品購入に結びつけることができます。

 

  • 通常のライティング:おすすめオンライン英会話10選→オンライン英会話を受講する
  • 切り口を変えたセールスライティング:オンライン英会話を無料で無限に受ける方法”→読者が無料のオンライン英会話受講方法を理解する→オンライン英会話を購入する

 

セールスライティングのポイント

ポイント
切り口を変えつつもゴールは同じ。

 

なんとも虚しい結論ですが、切り口が違っていても最終的には商品購入に行き着きます。

営業トークとも似ており、出来る営業マンって相手の不満を聞き出しつつも、最終的なゴールに向けてアシストしていたりします。

 

筆者
私も不動産営業をしている時は商品を売れるように向かうことしかほぼ言わないです(笑)

 

先述の通り、営業トークのライティング版が”セールスライティング”ですね。

 

アフィリエイトに効果的なセールスライティングの勉強法

セールスライティングのメリットが存分にわかった所で、学習方法に進みます。

 

セールスライティングは以下の順序で勉強することをおすすめします↓

  1. 知識をインプット
  2. 継続的なアウトプット

 

本を読むだけじゃダメ。 文章を書くだけじゃダメ。

本を読みつつも文章を書く。これを繰り返しましょう。

 

セールスライティングにおすすめの勉強本5選【インプット】

では、まずは、セールスライティングをインプットするための勉強本を5冊紹介します!

 

一覧で見せると以下の通り↓

  1. セールスライティング・ハンドブック
  2. 人を操る禁断の文章術
  3. 10倍売れるWebコピーライティング
  4. 全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
  5. SEOに強いwebライティング〜売れる書き方の成功法則64〜

 

筆者
簡単に紹介します!

 

セールスライティング・ハンドブック

広告の本質を学べる本。

 

広告は娯楽のために書かれるものではない。
売ることが正義である。

本の中に出てくる名言です!

 

広告及び、セールスライティングの基礎から実例を学べます。

繰り返し読む価値のある必読書です。

 

人を操る禁断の文章術

売るための文章の定番書籍。

アフィリエイトで稼ぐ人は全員読んでるんじゃないかと思います。

 

アフィリエイトとセールスライティングと心理学は密接に関係しています。

メンタリストDaigoさんから、人を動かす(つまり購入にむ結びつく)ライティングを学びましょう。

 

10倍売れるWebコピーライティング

SEO界隈で有名サイト”バズ部”の書籍です。

セールスライティングというより、LPのコピーライティング書籍ですが(似ているようでちょっと違う)、学べることが多いです。

 

バズ部の本でLPの本質を学び、売れるLPを持つ商品を売りましょう。

要するに”売れるものが売れやすい”世の中なのですが、LPから売れるロジックを学べます。

 

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

セールスライティング(コピーライティング)のベストセラー書籍。

内容的に似通っていたりしますが、読んでおいて損しません。

 

とくに、全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術内に出てくる”怠け者がリッチになる方法”のライティング術は目からウロコですね…。

 

セールスライティング基礎の”滑り台効果”や”ストーリーテリング”を学べます。

 

SEOに強いwebライティング〜売れる書き方の成功法則64


この本は認定SEOコンサルタントのふくだたみこさん著のライティング本です。

 

SEOのスペシャリストですから、SEOにまつわるライティング方法についても学べます。

  • 1ページ1キーワードの概念
  • タイトルタグとディスクリプションの最適化
  • 見出しタグの書き方
  • キーワード出現率

 

セールスライティングももちろんですが、WEBライティングに役立つ文章術についてかなり詳しく書かれています。

 

ちなみに、他の勉強本を知りたい方はこちらを参考にどうぞ^_^

関連記事

はじめに【アフィリエイトの勉強をする前に】皆さんは、アフィリエイトの進捗はいかがでしょうか? こんな悩みありませんか? アフィリエイトを始めたいなぁ。初心者にオススメの本はなんだろう? アフィリ[…]

アフィリエイト初心者の勉強におすすめの本・教材

 

セールスライティングを極める方法【アウトプット】

続いてはインプットをセットで行うべきアウトプット方法の解説です。

 

継続的なアウトプット方法:ブログがベスト

結論、ブログが最善の方法です。

 

この記事を読んでいる人はすでにブログを持っている想定ですが、まだ作っていない場合アフィリエイトブログの作り方【ブログサイトにおすすめの無料ブログ3選】をご覧ください^_^

 

ポイント
今すぐブログを作って、本を読みつつ、記事を書く。
稼ぐには行動あるのみなので、ごりごり突き進みましょう。

 

なお、貯金がなかったりでどうしてもお金が欲しいなら、クラウドソーシング系サイトでライティング受注するのもあります。

アフィリエイト系の記事案件に応募すれば、ノウハウを盗めるはずです。

 

  • ランサーズ:ライティング案件が日本一豊富です。
  • クラウドワークスクラウドワークス:ランサーズの次にライティング案件が多い。
  • サグーワークスサグーワークス:高単価のライティング案件特化サイト。

 

筆者
ちなみに、私はクラウドワークスクラウドワークスで記事発注しました!

 

クラウドワークスクラウドワークスの方が素人が多くて、単価が安い方が多いイメージです^_^

 

アフィリエイトのセールスライティングまとめ

今回は以下の内容で解説してきました!

 

この記事の内容
  • セールスライティングとコピーライティングの違い
  • アフィリエイト報酬とセールスライティングが影響する理由
  • 売上急増の稼げるセールスライティング5つのコツ・テクニック
  • 稼がない人のセールスライティング
  • セールスライティングで競合サイトと差別化する方法
  • アフィリエイトに効果的なセールスライティングの勉強法
  • セールスライティングを極めるために継続的にアウトプットしていく方法

 

セールスライティングが出来ると、アフィリエイト報酬が二次曲線的にどんどん伸びていきます。

セールスライティングを極めれは競合ブログとの差別化することもできるようになるのでオススメ。

セールスライティングで情報の切り口をうまく変えつつ、最終的には広告リンクに読者誘導して商品購入を促す。

 

セールスライティングは「知識のインプット→量を重視したアウトプット」で身につけることができます。

お金を稼ぐためにはひたすら行動あるのみで、専門書でインプットしつつ、ひたすらブログ記事を書いてスキルをどんどん磨いていきましょう。

 

筆者
極端なことを言えてしまえば、セールスライティングを極めれば、”どんな商品”だって売ることができますからね。

 

よく”出来る営業マンは石コロでも売れる”と言われますが、セールスライティングを極めたアフィリエイターにも同じことが言えると思います。

 

セールスライティングを悪用して詐欺商材を売るのはオススメしませんが、この時代にセールスライティングを学ぶのは”非常にコスパ良い投資”だと思っています。

 

あなたもぜひセールスライティングを極めてお金を稼ぐスキルを身につけることをオススメします!!

アフィリエイトに効果絶大なセールスライティング
最新情報をチェックしよう!
>このブログは最強のWordPressテーマ『THE THOR』を利用しています!

このブログは最強のWordPressテーマ『THE THOR』を利用しています!

ブロガーやアフィリエイターのために開発された『SEO最強のWordPressテーマ』です!当ブログと似たようなデザインにしたい方、興味がある方は『評判や凄さがわかる54の特徴・機能』を徹底解説した記事を用意したので、以下のボタンからぜひ読んでみてください^_^↓

CTR IMG